住宅ローンは収入に大きくかかわってきます

住宅ローンというものは、借入限度額というものがあります。
それぞれの業者さんによって決まっているものでありまして、8000万円でしたり1億5千万円でしたり、といった具合です。
もう少し大きなところになりますと、借入限度額が5億円といったかなり大きなところもあるようになっています。
そんな住宅ローンの借入限度額についてなのですが、やはりローンです。
借りる時にはそれぞれの方の収入が大きくかかわってくるということも言われているんです。
例えば、収入が年に600万円あるとしましょう。
その方の月々の返済額の設定を15万円程度に見積もるとします。
そうしますと年間の返済額は180万円になります。
しかし、それは収入基準によってはじかれてしまいます。
実は、年収の25パーセントまでしか融資ができない場合があるからなんです。
住宅ローンについてなのですが、毎月の返済額の4倍以上の月収があること、が条件にされることがありますので、年収600万円ですと、年間の返済額の限度は150万円となります。
だからといいまして、住宅の資金は低くすることはできません。
そういった場合には、返済期間を延ばすことで、月々の返済額を抑えるという方法がよろしいでしょう。
もちろん、途中で返済に余裕ができましたら、繰り上げ返済をして返し切ってしまうという方法も良いでしょう。
以上のように、住宅ローンについてなのですが、借入限度額は大きく収入に関わってくるようになっています。
自身の収入をベースに住宅ローンの額をしっかりと考えておくことはかなり有益なことであると言えるでしょう。
そういった部分から、自分でも自身の住宅ローンの借り入れ限度額も見えてきます。
ただ、収入の25パーセントまでが返済に当てることが安心であると言われているのですが、それを鵜呑みにする必要はありません。
やはりそれぞれの方によりまして生活の水準というものが違ってきている世の中です。
家族が多い方は、25パーセントまでの返済というのでも厳しい場合もあるでしょう。
20パーセント程度の返済にして余裕を持たせることも大事です。
何も住宅ローンの借入限度額まで借り入れる必要はないわけです。
しっかりとした生活をできる範囲に、自身の収入と返済額を計算し、いい住宅ローンの借り入れを行っていくことがお勧めになっているのではないでしょうか。
その時には、自身の収入をしっかりとベースにおいて計算していきましょう。