住宅ローンの借入限度額と返済期間

住宅と購入することを勧めるような広告がとても多くなってきましたよね。
賃貸のアパートやマンションに住むよりも住宅に住んだ方がお得になる、ということを広告でもよく見かけるようになりました。
ですので、住宅を建てようと思っている方もどんどんと増えてきているようなんです。
損こと自体は悪いことではありません。
やはり誰でも一国一城の主にはなりたいものなんです。
私自身も、やはり自分の一軒家を持ちたいというような思いはしっかりと持っています。
ある意味あこがれの存在でもあると言えるのではないでしょうか。
そこで自分の家を持つ際なのですが、よっぽどのお金持ちでもない限り利用していく存在のものがあります。
それはいったい何かと申しますと、「住宅ローン」です。
私の父もいまの家をつくる時には住宅ローンを利用しました。
ほとんどのご家庭で家をつくる時には住宅ローンの方を利用されたと思います。
利用しなければ、自分の家を持てないというい方がほとんどだと思いますので、しっかりと利用していくことがお勧めになっていると言えるでしょう。
その住宅ローンなのですが、前記したような賃貸マンションや賃貸アパートの家賃よりもお得だ、という考え方になるには返済期間が重要なんです。
そういった賃貸マンションや賃貸アパートの家賃よりもお得であるという考え方になるためには、返済期間は35年という長さに設定している可能性があります。
20代の時に35年の長さに設定しておくのも良いかもしれません。
しかし、40歳くらいで35年の住宅ローンを設定するというのはかなりの勇気がいります。
返済が終わるのが70代ですので、かなり大変であると言えるかもしれません。
もちろん、返済期間が長いというのはメリットもあります。
それは、借入限度額に相当する部分なんです。
住宅ローンについてなのですが、返済するお金なのですが、年収の2割から3割程度を目安にしているんです。
ですので、返済期間を短い期間にしますと、住宅ローンの借入限度額はかなり低くなってしまいます。
しかし、長い期間を設定することで大きな住宅ローンを組むことができるようになっているというわけなんです。
例えば、年収が500万円で返済期間が20年としますと、年収の3割で年間150万円の返済が限度です。
それを20年ですから、金利を省くと3000万円のローンとなります。
一方その条件で35年としますと、150万円を35年ですので金利を省くと5250万円のローンをとなります。
けっこう大きな違いですので注目しましょう。